So-net無料ブログ作成
検索選択
Live Report 2012 ブログトップ

今更ですがライブレポートを ... [Live Report 2012]

6月にしてこの大型台風...
皆さんのお住まいの地域ではいかがですか?
正しく今、東海関東は暴風域の中。
今夜がヤマでしょうか。行った後も二次災害に注意ですね。

さて、ホントに今更なんですが、「JAPAN BLUES & SOUL CARNIVAL 2012 」 の感想などをサラッといきます。
お付き合い下さい^^

5月27日、梅雨入り前で最高に良い天気。ビールが旨かったこと^^

2012052701-2.jpg
かなり前の方で良い席でした。

今回楽しみだったのは、Sonny Landreth さん。一曲一曲こまめにギターチェンジして、ちょっと流れが途切れがちと、知らない人が多いのかいまいち盛り上がりが少なかったのが残念。
でも、素晴らしいスライド・ギターを堪能して大満足!

Johnny Winter さんの盛り上がりは凄かったですね。
昨年よりも歩けていたし、体調は良さそう。演奏もしっかりしていて、大トリなので客席の盛り上がりが凄かったこと!!

でも、やはり昨年の感動にはかなわなかったなぁ~

2012052703.JPG
 ~ 最後はみんな揃って「Dust My Bloom 」で終了!(房之助さんいなかったんだよなぁ~何でだか)


みんな良かったのですが、この日一番見られてよかったと思ったのが、近藤房之助さん!!

「Stormy Monday 」から始まり、情感たっぷりに歌い、エモーショナルなギターがカッコ良かった。

もう一人この日の一番は、バックでハープを吹いていた、Kotez さん。

いやぁ~ この人上手すぎ!そしてカッコ良い!

前に出過ぎず、引っ込みすぎず、良い具合で曲を盛り上げていたのが印象的でした。

ステージチェンジのインターバルで上に上がっていったら、blues.the-butcher-590213の盟友、永井ホトケ隆さんがいましたね~

ビール片手に良い具合な顔色になっていました^^

その、blues.the-butcher-590213も生で見たことがないので見たいバンドです。

「I Don't Want No Woman / blues.the-butcher-590213 with Monsieur Kamayatsu 」


ん~ 見たい^^



では、また...


nice!(13)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ありがとう !! レニー  [Live Report 2012]

この週末は、ライブ3連チャンでした[ぴかぴか(新しい)]

7日の土曜日、Lenny Kravitz @東京ドームシティホール 行ってきました[るんるん]

14年ぶりの単独ライブ!

14年分の思いを吐き出すかのごとく、最高のライブでした。

定刻より20分くらい過ぎて、最新アルバムBlack and White America 」の2曲目、
Come On Get It 」からスタート。

メチャクチャカッコいい!スタートからフルスロットルだ!

そして、間髪を入れず「Always on the Run 」。

いやぁ~最高の出だしだな~ 

最新アルバムの曲は勿論のこと、初期の曲が多めで、さながらグレイテスト・ヒッツライブのよう[ぴかぴか(新しい)]

バンドメンバーも息ピッタリで最高のグルーブを生み出していましたね。
ベースのGail Ann Dorsey は女性ながら、太い音でボトムを支えていて最高!

そして、何と言ってもギターCRAIG ROSSのプレイがクールでカッコよかった!
いい音だし[るんるん]

Lenny は時折アリーナに降りていって客を煽りまくり[グッド(上向き矢印)]

いやぁ~熱い熱い!!

そしてそして、ギターをフライングV に持ち替えて、

「Are You Gonna Go My Way 」

メチャクチャカッコいい!!

客席は最高の盛り上がり。見られてよかったぁ[ぴかぴか(新しい)]

アンコールの「Let Love Rule 」では、アリーナ席に降りたって、アリーナからS指定席までぐるりと会場を一周回ってくれて大興奮でした。

私の席は2階のS指定席の一番前だったけれど間近で見られてこれまた大興奮でした。


約2時間のライブでした。これぞロック・スターというライブを見せつけてくれたLenny 。

愛と優しさに満ちあふれて人間的にも素晴らしいことが感じられました。

大きな愛に包まれたライブでした[ぴかぴか(新しい)]

”また戻ってくる” そう何度も言っていた...

待っているぜ! Lenny [るんるん]

外は寒かったけど、最高に熱く盛り上がったライブでした[ぴかぴか(新しい)]


では、また...



nice!(23)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Tedeschi Trucks Band 2012.02.09 at 渋谷公会堂 [Live Report 2012]

2月9日(木) 渋谷公会堂 Tedeschi Trucks Band 最終日行ってきました。

流石に最終日なだけあってバンドも客席も凄い盛り上がり!

久々に唸ってしまう凄いライブを体験しました^^

11人編成のバンド。ドラム2人、ホーン3人、コーラス(ボーカル)2人、誰一人として脇役じゃない。
それぞれ見せ場があり、主役。

デレクのギターを楽しみにしていたのはもちろんだが、それ以上にスーザンの歌とギターを楽しみにしていました。

凄みがあって魂に響く、揺さぶられるボーカル。

凄い...

ギターもあまり弾かないのかな?って思っていたら、かなりソロを弾いていた。嬉しい誤算^^

エッジが効いていて個人的に好みの音。いいなぁ。

一方のデレクは、丸く包み込むような音色。

スーザンを、そしてバンドメンバー全員を包み込むような、非常にオーガニックで心地よい空間を作り出している。

そして、ステージは熱いのなんの!! 

バンドメンバー全員が楽しんでいるのがよく分かる。それがストレートに伝わってきてこっちも凄く楽しくなる。自然に笑顔になってしまう^^

ブルースを基本に、時にファンキーに、時にジャジーに、時に激しく、ソウルフルなステージ。

デレクの流麗なギター、スーザンのソウルフルなボーカル。そして2人のギターソロの掛け合いも見物だった。
2人のドラムソロ、ホーン隊の3人の踊りもありそれぞれの見せ場がたっぷりで時間を忘れて見入ってしまった、ホントに楽しい2時間半のライブだった。

[set list]
1. Everybody's Talkin'
2. Comin' Home
3. Days Is Almost Gone
4. Rollin' and Tumblin'
5. Learn How To Love
6. Wade In the Water
7. Band Introduction
8. Darling Be Home Soon
9. Nobody's Free
10. That Did It
11. Uptight
12. Bound for Glory
13. Midnight in Harlem
14. Love Has Something Else to Say


では、また...


nice!(18)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
Live Report 2012 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。